ココモ法 ルーレットの3倍賭けに有効?なシステムベット

ココモ法 オッズが3倍のゲーム(ルーレットのColumn(横一列の12の数字)やDozen(1~12,13~24,25~36)に賭ける方法等)に有効?なシステムベット(投資法)といわれています。
しかしながらすぐに破綻する方法なのでやってはダメな方法だとすぐにわかります。参考にするのは考え方だけです。こういう考え方もあるのかという程度にお読み下さい。

ルーレットでは超有名なシステムベットでカットラインを自身で設定できれば有効かもしれません。

◆ココモ法の考え方

マーチンゲール法の応用で、マーチンゲール法と同様、一回の勝ちでそれまでの負け分を取り返すというものです。
ただ、マーチンゲール法は2倍(ブラックジャックやバカラ、ルーレットの赤/黒)の配当のある賭けに有効であるのに対して、ココモ法は3倍、ルーレットのコラムベットや、ダズンベットに有効な投資法です。
マーチンゲール法との最大の違いは、負ければ負けるほど、勝ったときの利益が大きいということです。 ただし3倍なので当然確率が低くなりますので危険満載な賭け方です。

ダズンベット

コラムベット

◆ココモ法のやり方

ルーレットの3倍賭け(コラムベット、ダズンベット)を対象に説明します。はじめに「1ドル」賭けます。そこで負けたらさらに1ドル賭けます。さらに負けたら、今度は直前に賭けた数字と、
その前に賭けた数字を合計した額2ドルを賭けます。

要するに、2連敗以上したときには直前に賭けた数字と、その前に賭けた数字を合算した数字を賭け続けていくという賭け方です。これを表にして説明すると下記表にになります。

負数
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
賭金$1$1$2$3$5$8$13$21$34$55

◆ココモ法の損益(危険なので止めましょう)

下記はプレイテック系ワイルドジャングルカジノのヨーロピアンルーレット(0が1つ)のミニマムベット(下限)とマックスベット(上限)です。賭け金の上限下限はカジノや機種によって様々ですが
ルーレットの場合36倍の賭けもありますので相対的に賭け幅は大きくなっています。しかしながら0.1ドルでこのシステムを使いコラムベット、ダズンベットの賭ける方は少ないのではと思います。

1ドルを賭けたとすれば25倍ですので上記表を見れば8回まで、確立は1/3弱(0がある)ですので8回はずす可能性は非常に大きいといえます。
要するに流れを考えて利用するシステムで調子の悪いときは大負けの可能性が高いので使わないほうがいいかと思います。

考えかただけを参考にしてルーレットチャレンジの一助にすればいいかとおもいます。