逆マーチンゲール法(パーレー法) 勝ちを徹底的に追う波乗り戦法!

逆マーチンゲール法(パーレー法)はギャンブラーなら誰でも考える波乗り行け行け戦術です。連勝すれば大きいですが実際はそんなに甘いものではありません。
熱くならず冷静に波を見ながら止め時を考えていけば有効な考え方なので理論だけは頭に入れておきましょう。「逆」がつかないマーチンゲール法というものがありますが別解説です。

◆逆マーチンゲール法(パーレー法)は勝ったら勝ちを徹底的に追う波乗り戦法!

勝ったら賭け金を倍にしていくという単純明快な戦法です。最初の1回勝てば(例えば1ドル)倍倍で負けても1ドル負けるだけといった波乗り戦法です。
ブラックジャックやルーレット(赤黒)バカラなど配当が2倍になるゲームに特に有効になりますが、競馬でも競艇でも考え方としては何でもOKです。

ブラックジャックやルーレット(赤黒)バカラなど「1/2の確率のゲーム」をとっても連勝、3連勝はともかく4連勝はなかなか難しいですのでどこで勝利を確定させて元にもどるかがポイントです。
もちろん連勝できれば大きいですが・・

◆逆マーチンゲール法(パーレー法)のやり方

ブラックジャックを例にすると最初に1枚賭けます。勝ったら2枚、また勝ったら4枚とディーラーからもどってきた勝金をすべて次に賭けていきます。

1回目
2回目
3回目
4回目
5回目
6回目
7回目
8回目
9回目
10回目
賭け金(枚)1248163264128256512

理論上は無限ですがカジノはミニマムベット(下限)とマックスベット(上限)があります。上限下限の設定はオンラインカジノやゲームによって様々です。理論上は上限が大きいのが大勝できるのですが・・
下記は、ネットベットカジノ、インターカジノ、ワイルドジャングルカジノの1機種の下限と上限です。

インターカジノ
ワイルドジャングルカジノ

◆逆マーチンゲール法(パーレー法)の注意点

無理をしたらすぐに元金の負けですので流れを考察しながら決めていきます。確率を計算してもなかなか回数を積み重ねるのは至難です。